無料 スロット サイト

トップページ お問合せ・資料請?/a> プライバシーポリシー
HOME > よくある質問 > BSE(牛海綿状脳症)とはどのような病気ですか。また、BSEがどうして狂牛病と呼ばれるのですか?

BSE(牛海綿状脳症)とはどのような病気ですか。また、BSEがどうして狂牛病と呼ばれるのですか?

BSE(牛海綿状脳症)は1986年に英国で初めて確認された牛の病気です。  
 この病気にかかった牛は、異常プリオンの増殖によって脳の神経細胞が死滅して空胞になり、スポンジ状になるため、この名がつけられました。感染後2〜8年の潜伏期間の後発病し、麻痺、起立不能、歩行困難などをおこし、最終的には死亡する病気です。
 狂牛病は俗称で、よろよろする様子をみて英国の農民がmad cow diseaseと呼んだのが狂牛病と訳されたものです。  
 BSEの牛は狂っているのではなく、神経が麻痺したことによって症状を呈しているのです。



Back